キャバ嬢も結構大変なんです。


by ta4qikl4xh

カテゴリ:未分類( 60 )

 ■「一人ひとりを包摂する社会」の実現

 こうした施策に加え、今、私が重視しているのは、「孤立化」という新たな社会リスクに対する取組です。私は一昨年から、「反・貧困ネットワーク」事務局長の湯浅誠さんと一緒に、派遣村などの現場で貧困・困窮状態にある方々を支援してきました。その活動の中で、「ホームレス」には2つの意味があることを再認識しました。一つの意味は、物理的に住む家がないという「ハウスレス」ということですが、もう一つの、より重要な意味は、ある人がさまざまな苦難に遭遇したときに、「傍で支援してくれる家族がいない」ということです。人は誰しも独りでは生きていけません。悩み、くじけ、倒れたときに、寄り添ってくれる人がいるからこそ、再び立ち上がれるのです。わが国では、かつて、家族や地域社会、そして企業による支えが、そうした機能を担ってきました。それが急速に失われる中で、社会的排除や格差が増大しています。ネットカフェに寝泊まりする若者や、地域との関係が断ち切られた独り暮らしの高齢者など、老若男女を問わず、「孤立化」する人々が急増しています。従来のしがらみからの解放は、強者にとっては自由を拡大するものかもしれませんが、弱い立場の人にとっては、孤独死で大切な人生を終えてしまうおそれがあるのです。

 私は、湯浅さんたちが提唱する「パーソナル・サポート」という考え方に深く共感しています。さまざまな要因で困窮している方々に対し、専門家であるパーソナル・サポーターが随時相談に応じ、制度や仕組みの「縦割り」を超え、必要な支援を個別的・継続的に提供するものです。役所の窓口を物理的に1カ所に集めるワンストップ・サービスは、今後も行う必要がありますが、時間や場所などに限界があります。「寄添い・伴走型支援」であるパーソナル・サポートは、「人によるワンストップ・サービス」としてこの限界を乗り越えることができます。こうした取組により、雇用に加え、障がい者や高齢者などの福祉、人権擁護、さらに年間3万人を超える自殺対策の分野で、さまざまな関係機関や社会資源を結びつけ、支え合いのネットワークから誰一人として排除されることのない社会、すなわち、「一人ひとりを包摂する社会」の実現を目指します。鳩山前総理が、最も力を入れられた「新しい公共」の取組も、こうした活動の可能性を支援するものです。公共的な活動を行う機能は、従来の行政機関、公務員だけが担うわけではありません。地域の住民が、教育や子育て、まちづくり、防犯・防災、医療・福祉、消費者保護などに共助の精神で参加する活動を応援します。

 四 責任感に立脚した外交・安全保障政策

 ■国民の責任感に立脚した外交

 第3の政策課題は、責任感に立脚した外交・安全保障政策です。

 私は若いころ、イデオロギーではなく、現実主義をベースに国際政治を論じ、「平和の代償」という名著を著された永井陽之助先生を中心に、勉強会を重ねてまいりました。わが国が、憲法の前文にあるように、「国際社会において、名誉ある地位を占め」るための外交とは、どうあるべきか。永井先生との議論を通じ、相手国に受動的に対応するだけでは外交は築かれないと学びました。この国をどういう国にしたいのか、時には自国のために代償を払う覚悟ができるのか。国民一人ひとりがこうした責任を自覚し、それを背景に行われるのが外交であると考えます。

今日、国際社会は地殻変動ともいうべき大きな変化に直面しています。その変化は、経済のみならず、外交や軍事の面にも及んでいます。こうした状況の中、世界平和という理想を求めつつ、「現実主義」を基調とした外交を推進すべきだと考えます。

【関連記事】
菅首相の所信表明詳報(1)〜
菅首相のスーツ袖にタグ あわただしく新調か
「大バカ」火消しに躍起 首相が官僚ヨイショ
菅首相、亀井氏辞任表明の際「ぐっすり寝ていた」 
家族会からの要請文に菅首相「はい。はい」

蓮舫氏入閣に台湾メディアも関心 出版社には思わぬ“特需”(産経新聞)
<口蹄疫>ワクチンごめんね 現実をブログで  横峯さくらさんから激励も(毎日新聞)
九州北・南部が梅雨入り、平年より1〜2週遅く(読売新聞)
マンモ検診の無料クーポン券を発行−対がん協会(医療介護CBニュース)
はやぶさ カプセル着地を確認…ヘリ捜索隊(毎日新聞)
[PR]
by ta4qikl4xh | 2010-06-16 14:06
 6日午後6時30分頃、大津市大江の回転すし店「スシロー瀬田店」で、同市瀬田、トラック運転手山本裕昭容疑者(59)運転のワゴン車が、出入り口近くのガラスを破って店内に突っ込み、席が空くのを待っていた客13人が手や足を切るなどし、病院に運ばれた。

 大津署は、山本容疑者を自動車運転過失傷害容疑で現行犯逮捕した。ワゴン車は、駐車スペースの車止めを越えて店内に突入しており、同署は、山本容疑者がブレーキとアクセルを踏み間違えたとみて調べている。

 現場はJR瀬田駅西約1キロの国道1号沿いで、店内は当時、家族連れらで満員だった。

【from Editor】黄砂アレルギー(産経新聞)
iPad発売 ビジネスマンも購入…日本の新聞も読める(産経新聞)
<雑記帳>フットサル大会に大使館員チームら 南アW杯記念(毎日新聞)
歩道橋事故 元明石署幹部らの実刑確定へ 最高裁上告棄却 (産経新聞)
小沢氏が引導電話「政権もたぬ」…検証1(読売新聞)
[PR]
by ta4qikl4xh | 2010-06-07 14:54
 神奈川県警薬物銃器対策課と鶴見署は、覚せい剤取締法違反(所持、譲受)の疑いで、川崎信用金庫秘書室長、北山四郎容疑者(55)=横浜市港北区=ら男6人を逮捕するとともに、覚醒(かくせい)剤約22グラム(末端価格約200万円)などを押収した。県警によると、いずれも容疑を認めている。

 ほかに逮捕されたのは、コニカミノルタ社員、矢田丈二(50)=東京都板橋区=や群馬銀行行員、市川芳樹(45)=高崎市=ら5容疑者。

 県警の調べによると、6人は今年3〜4月、東京都荒川区荒川の無職、乙部貴昭被告(41)=同法違反罪で起訴=から、覚醒剤それぞれ約1グラムを現金約5〜6万円で購入し、都内の路上や乙部被告の家で所持した疑いが持たれている。

 県警によると、北山容疑者らは「好奇心で手を出してしまった」などと供述しているという。

【関連記事】
人生をしゃぶられた夫婦 裁判官「二度と来るな」
覚醒剤密輸「中国で断った…助けてください」
手の震えで密輸発覚…覚せい剤飲み込んだ男逮捕
覚醒剤所持の京大生に有罪判決 大阪地裁
せんべいに密売人の連絡先「JAYWALK」中村被告に懲役2年求刑

<東日本入管センター>ハンスト参加者ゼロに 待遇改善訴え(毎日新聞)
社会医療法人、5法人の認定が新たに判明(医療介護CBニュース)
民家全焼67歳?死亡 兵庫・姫路(産経新聞)
副業の収入、いくら?(Business Media 誠)
<口蹄疫>大エース感染疑い 畜産関係者に大きな衝撃(毎日新聞)
[PR]
by ta4qikl4xh | 2010-05-28 15:09
 政府の行政刷新会議(議長=鳩山由紀夫首相)は5月18日、事業仕分け第2弾の後半戦の対象となる70の政府系公益法人(82事業)を決定した。医療関連では、航空医学研究センター、労災保険情報センター、中央労働災害防止協会の3法人が選ばれた。後半戦は20、21、24、25日の計4日間、東京都品川区のTOCビルで行われる。

 3法人の医療関連の仕分け対象事業は、パイロットの健康状態をチェックする航空身体検査事業(航空医学研究センター)、労災診療費審査体制等充実強化対策事業(労災保険情報センター)、労働者の健康づくり対策支援業務(中央労働災害防止協会)の3つ。枝野幸男行政刷新担当相は18日の記者会見で、「(政府系公益法人を)民間の法人と政府の業務を代行する法人とに整理したい」と述べ、事業の委託や補助金など、国と法人の関係見直しに意欲を示した。

■独法の事業見直し案を了承

 47の独立行政法人(独法)の事業を対象に行った前半の事業仕分けの評価結果を踏まえ、この日の刷新会議では、各府省が横断的に対応する事業の見直し案を了承した。前半戦の対象とならなかった57法人を含む全独法の事業を徹底的に見直し、不要資産の国庫への返納や法人の事務所の整理、管理・運営の適正化などを進め、今年度予算の今後の執行や来年度予算の概算要求に反映させるよう各府省に求める。


【関連記事】
規制・制度改革の検討、「厚労省が頑張っている」―枝野担当相
「埋蔵金レベルが出た」―前半の仕分けで枝野担当相
医薬基盤研、研究事業は「削減」、ベンチャー支援は「廃止」
PMDA、事業拡充も「厚労省からの出向減を」―事業仕分け第2弾
福祉医療機構の「福祉貸付」「医療貸付」は現状維持−事業仕分け第2弾

不同意堕胎で医師逮捕へ 交際相手に投薬疑い 警視庁(産経新聞)
水道事業海外展開 都、国と協力で一致 3大メジャーに対抗へ(産経新聞)
<事業仕分け>新人議員が「調査員」(毎日新聞)
重体の女子生徒が死亡=中学校校舎から転落―警視庁(時事通信)
<津波ハザードマップ>沿岸自治体の半数、未策定(毎日新聞)
[PR]
by ta4qikl4xh | 2010-05-20 00:57
 プロ野球の阪神、大毎(現ロッテ)で活躍した田宮謙次郎(たみや・けんじろう)さんが5日、脳内出血のため死去した。82歳だった。葬儀は10日午後1時、茨城県筑西市下川島655の1のきぬ聖苑。喪主は長男孝志(たかし)さん。

 茨城県下館市(現筑西市)出身。下館商高(現下館一高)、日大を経て1949年、投手として阪神に入団し、1年目で11勝を挙げた。翌50年、国鉄(現ヤクルト)戦で九回2死までパーフェクトに抑えながら、その後安打を打たれ、日本初の完全試合をあと1人で逃した。その後、肩を痛めて52年、外野手に転向。58年に首位打者を獲得した。

 同年オフ、大毎に移籍し、山内一弘外野手、榎本喜八内野手らとともに「ミサイル打線」を形成。60年のリーグ優勝に貢献した。63年に現役引退。実働15年で、1488試合に出場し、1427安打、打率2割9分7厘。引退後は東映、日拓(ともに現日本ハム)の監督を務め、88年は阪神ヘッドコーチに。その後、阪神のOB会長も務める一方、郷里で下館市議も務めた。2002年に野球殿堂入りしている。

囲碁 本因坊決定戦第1局 11日から北海道小樽市で(毎日新聞)
<ミヤコドリ>博多湾で旅支度 愛鳥週間スタート(毎日新聞)
鳩山首相「ルーピーTシャツ」 こちらはバカ売れ、人気衰え知らず(J-CASTニュース)
対米関係「大局的に協力できる」 志位・共産委員長が本紙と単独会見(産経新聞)
レーシック手術眼科破産 料金表示めぐり公取警告 負債68億円(産経新聞)
[PR]
by ta4qikl4xh | 2010-05-12 16:53
 自民党の小池正勝参院議員(58)=徳島選挙区=は19日午後、徳島県庁で記者会見し、離党して同選挙区から参院選に出馬する意向を表明した。同日中にも党本部に離党届を提出する。政権交代後、同党からの離党者は11人目(衆院3人、参院8人)となる。
 自民党徳島県連は公募で元五輪競泳選手の擁立をいったん決めたが、辞退されたために再公募を実施。30歳の新人擁立を内定し、19日に党本部に公認申請する予定。
 小池氏は会見で「県連は党員投票などを行わず密室で候補者選定を行った。これで開かれた公募と言えるのか」と県連を批判。参院選への対応については「無所属の立場だが、新党の政策を吟味した上で決定したい」と語った。 

【関連ニュース】
自民・小池参院議員も離党へ=参院選公認で県連と対立
参院選「最後のご奉公」=地元で両親しのぶ会
「首相は統治能力欠如」と自民総裁=無党派層の動向注視
参院民主、引っ越しに着手=選挙後に自民控室と交換へ
日韓議連会長に民主・渡部氏=森元首相から交代

<冷え込み>関東中心に冬の寒さ 4月末まで低温傾向続く(毎日新聞)
仙谷と前原がポスト鳩山で意見交換? ベトナムで接触(産経新聞)
国交相反論「建設要望して値段上げるなとは…」(読売新聞)
普天間問題 徳之島3町長は官房長官との会談拒否(産経新聞)
匿名ブロガーの性別・年代を判別 企業向けに分析サービス(産経新聞)
[PR]
by ta4qikl4xh | 2010-04-26 15:23
 黒澤明監督の名作「影武者」のロケ地、伊賀上野城(三重県伊賀市)の石垣(高さ約30メートル)や「金田一耕助シリーズ」に登場した同市の古い街並みに“忍者”が参上。

 映画やドラマのロケ地誘致を目指し、上野商工会議所観光部会がこの日設立したフィルムコミッションの記念イベント。ロケ地巡りツアーと銘打ち、約20人が忍者姿で回った。

 来月5日まで市内で開催中の「NINJAフェスタ」に合わせ、忍者姿となった参加者からは「誘致第1号は、影武者ならぬ、影“忍”者でクランクイン?」の声も。【関谷徳】

【関連ニュース】
コスプレ:映画のロケ地で 若者200人、幕末の雰囲気に−−水戸
ロケーションナヴィゲーター伊賀:設立総会 映画撮影の誘致や支援 /三重
映画館:「富士シネ・プレーゴ」閉館 富士市内で唯一の施設、姿消す /静岡
地産地消:伊豆市など、CMで訴え 地元ロケ、ネットで発信 /静岡
映画:みやこ町などで撮影「信さん」 29日に行橋で上映 /福岡

「痴漢は絶対に許さない! 」=警視総監らがチラシ配布−東京・新宿駅で出陣式(時事通信)
<ヤマハ>特許権侵害で提訴 半導体メーカー「アクセル」(毎日新聞)
市長が文書で陳謝、学校医への協力も要請―山梨・上野原(医療介護CBニュース)
堺の男児虐待死、母親の交際相手の男を傷害容疑で逮捕(産経新聞)
無派閥が最大派閥になるかも…自民で離脱続々(読売新聞)
[PR]
by ta4qikl4xh | 2010-04-22 12:38
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題で、鳩山由紀夫首相が5月末までに米側との合意を目指すとしていることについて、平野博文官房長官は15日、「合意の解釈には幅がある。この候補地でもっと具体的に詰めようという土俵ができることが合意だ」とし、5月末の最終決着を事実上断念する考えを示した。米側は米軍キャンプ・シュワブ(同県名護市)沿岸部に移設する現行案の微修正には応じる考えを伝えているが、首相は依然、シュワブ陸上部や徳之島(鹿児島県)への移設に固執している。

                   ◇

 平野氏は、移設先を閣議決定すると断言してきたことについても「閣議決定かは別として、何らかの意思は明確にしなければならない」と発言を後退させた。

 政府・与党内では「5月決着」が絶望視されており、このままでは移設問題で迷走発言を繰り返した首相の責任を問う声が高まるのは必至。平野氏の発言には5月決着が実現できず、首相が退陣に追い込まれる事態にならないようハードルを下げる狙いがある。

 首相自身も15日朝には、「決着」の定義を記者団から問われると、「これで行こうとの方向が互いに認められた状態を指す」と幅を持たせるなど、平野氏と歩調を合わせる発言もした。

 米政府は日米合意に基づき2本のV字形滑走路を造る現行案を基本とするものの、これまでの沖縄県などの要望も踏まえ、現在の環境影響評価(アセスメント)の許容範囲内である沖合50メートル移設や、前政権時代に求めた陸寄りの浅瀬に建設する「浅瀬案」について検討する意向を日本側に示している。

 これに対し、首相はシュワブ陸上部に600メートル級のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)を造る一方、可能な限り多くのヘリを徳之島に移して沖縄の負担軽減を図ることで決着したい意向だ。

 しかし、移設先とされる地元での反対運動は激しさを増し、米側も海兵隊の運用面での問題や地元合意がないことを理由に日本側の提案に難色を示している。キャンベル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)は、日本側からまだ正式な提案はないとしている。

 八方ふさがりの首相は、腹心の佐野忠克首相秘書官(政務担当)をワシントンに残し、14日にはスタインバーグ米国務副長官と会談させたが、現状では米側が大幅な譲歩に応じる可能性はほとんどない。

<環境省>雄のテン1匹を捕獲と発表 トキ襲撃かは不明(毎日新聞)
30分間無人、告示日の長崎県南島原市選管(読売新聞)
<築地>中卸団体が特定調停を申請 東京地裁に(毎日新聞)
民主、参院愛媛に女性新人=小沢氏発表、社民は反発(時事通信)
鳩山首相、古賀連合会長と今月3度目の会談(産経新聞)
[PR]
by ta4qikl4xh | 2010-04-20 05:09
【単刀直言】

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設先がキャンプ・シュワブ(陸上案)になれば、それは(鳩山)政権が倒れる時だ、というくらいに思ってます。

 私たちも沖縄県民も反対しているのにキャンプ・シュワブに決まるのならば、政権は倒れるんですから、その直前の連立離脱はあっていい。夏の参院選前の連立離脱は選択肢として残っているんです。参院選で「社民党は沖縄の負担軽減のために戦います」と言う方が旗幟(きし)鮮明になるでしょう。

 でも今は政権内で「肉を切らせて骨を断つ」構えです。ギリギリまで反対し続ければ、現実に県内移設を阻止できると思う。この政権が、そういう危機感を持てるかどうかなんです。

 戦後65年経ったのに国内に85カ所も米軍基地があるなんて多すぎる。特に沖縄には多すぎる。日本は独立国なのにおかしい。保守本流からそういう意見が出てこないことが不思議です。

 政府・与党の沖縄基地問題検討委員会では「抑止力は何か」「米軍の戦略は何か」が議論されず、絆創膏(ばんそうこう)的な解決だけを図ろうとしています。日本が当面北朝鮮と落ち着かない政治情勢にあるのは間違いないですよ。そのための米軍の存在をどう考えるか。そうであれば必ずしも沖縄でなくていい。

 私は沖縄検討委で、最終的なゴールは米領のグアム・サイパン・テニアンだと主張しました。米国の軍事戦略がそうなので20年、50年先を見越したアジア・太平洋の安全保障の姿として提案しました。直近の5年、10年は「分かち合う安全保障」として広く日本国内で負担を分担する考えも伝えましたが、論議された気配はありません。

 だから民主党には、骨太な政策を与党間で話し合えるよう、我が党の政策審議会のカウンターパートにあたる政策調査会を復活してほしい。そういう態度が民主党にない限り自滅しますよ。すでに随所に民主党の政権運営の危うさが見て取れます。

 内閣が、県外移設を語る鳩山由紀夫首相の思いを実現する態勢なのかも疑問ですね。平野博文官房長官、北沢俊美防衛相、岡田克也外相はバラバラ。とりわけ官房長官は沖縄県名護市長選の結果を「斟酌(しんしゃく)しない」と発言しましたが、政治家が国民の心を逆なでしたら終わりです。配慮が足りません。

 鳩山さんは戦後日本の「米国依存」という軸を変えようと言うんでしょう。だったら普天間問題の対処にもっとご自身が乗り出してもいいんじゃないでしょうか。(山田智章)

                   ◇

【プロフィル】阿部知子

 あべ・ともこ 昭和23年東京都生まれ。東大卒。小児科医で今も鎌倉の病院で思春期外来の非常勤医を務める。衆院比例代表南関東ブロック。当選4回。

【新・関西笑談】喜びを力に、共に生きよう(2)(産経新聞)
<在沖縄海兵隊>「北朝鮮核除去」の役割認める…防衛政務官(毎日新聞)
大賞は「ヒッチハイクで春つかむ」=ハッピーニュース2009−新聞協会(時事通信)
「大きな一歩、きちんと審理を」=決定に笑顔−面会人らに奥西死刑囚・名古屋拘置所(時事通信)
祭りの御柱倒れ4人下敷き、うち1人が死亡 長野・千曲 (産経新聞)
[PR]
by ta4qikl4xh | 2010-04-13 11:51
 自民党に離党届を提出した与謝野馨元財務相、無所属の平沼赳夫元経済産業相らは5日夜、都内で会談し、新党を今週中に結成することで合意した。代表には平沼氏が就任し、5人のメンバーで結党することを確認。基本政策では、経済対策と財政再建を「車の両輪」とする方針を決めた。党名の決定は持ち越した。
 会談後、平沼氏は記者団に、夏の参院選への対応について、東京選挙区のほか改選数3の3人区で擁立を検討するとともに、1人区では自民党候補の支援もあり得るとの考えを示した。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

阿久根市長への告発状受理=給与不払い問題−鹿児島地検(時事通信)
キンカチョウのゲノム解読=さえずりの解明期待−国際チーム(時事通信)
金づちで上司の頭殴る=容疑の「ユニデン」社員逮捕−警視庁(時事通信)
<自民>政策テーマを協議(毎日新聞)
<送迎バス>壁に衝突し炎上 運転手死亡、10人軽傷 大阪(毎日新聞)
[PR]
by ta4qikl4xh | 2010-04-08 13:58