キャバ嬢も結構大変なんです。


by ta4qikl4xh
 ■「一人ひとりを包摂する社会」の実現

 こうした施策に加え、今、私が重視しているのは、「孤立化」という新たな社会リスクに対する取組です。私は一昨年から、「反・貧困ネットワーク」事務局長の湯浅誠さんと一緒に、派遣村などの現場で貧困・困窮状態にある方々を支援してきました。その活動の中で、「ホームレス」には2つの意味があることを再認識しました。一つの意味は、物理的に住む家がないという「ハウスレス」ということですが、もう一つの、より重要な意味は、ある人がさまざまな苦難に遭遇したときに、「傍で支援してくれる家族がいない」ということです。人は誰しも独りでは生きていけません。悩み、くじけ、倒れたときに、寄り添ってくれる人がいるからこそ、再び立ち上がれるのです。わが国では、かつて、家族や地域社会、そして企業による支えが、そうした機能を担ってきました。それが急速に失われる中で、社会的排除や格差が増大しています。ネットカフェに寝泊まりする若者や、地域との関係が断ち切られた独り暮らしの高齢者など、老若男女を問わず、「孤立化」する人々が急増しています。従来のしがらみからの解放は、強者にとっては自由を拡大するものかもしれませんが、弱い立場の人にとっては、孤独死で大切な人生を終えてしまうおそれがあるのです。

 私は、湯浅さんたちが提唱する「パーソナル・サポート」という考え方に深く共感しています。さまざまな要因で困窮している方々に対し、専門家であるパーソナル・サポーターが随時相談に応じ、制度や仕組みの「縦割り」を超え、必要な支援を個別的・継続的に提供するものです。役所の窓口を物理的に1カ所に集めるワンストップ・サービスは、今後も行う必要がありますが、時間や場所などに限界があります。「寄添い・伴走型支援」であるパーソナル・サポートは、「人によるワンストップ・サービス」としてこの限界を乗り越えることができます。こうした取組により、雇用に加え、障がい者や高齢者などの福祉、人権擁護、さらに年間3万人を超える自殺対策の分野で、さまざまな関係機関や社会資源を結びつけ、支え合いのネットワークから誰一人として排除されることのない社会、すなわち、「一人ひとりを包摂する社会」の実現を目指します。鳩山前総理が、最も力を入れられた「新しい公共」の取組も、こうした活動の可能性を支援するものです。公共的な活動を行う機能は、従来の行政機関、公務員だけが担うわけではありません。地域の住民が、教育や子育て、まちづくり、防犯・防災、医療・福祉、消費者保護などに共助の精神で参加する活動を応援します。

 四 責任感に立脚した外交・安全保障政策

 ■国民の責任感に立脚した外交

 第3の政策課題は、責任感に立脚した外交・安全保障政策です。

 私は若いころ、イデオロギーではなく、現実主義をベースに国際政治を論じ、「平和の代償」という名著を著された永井陽之助先生を中心に、勉強会を重ねてまいりました。わが国が、憲法の前文にあるように、「国際社会において、名誉ある地位を占め」るための外交とは、どうあるべきか。永井先生との議論を通じ、相手国に受動的に対応するだけでは外交は築かれないと学びました。この国をどういう国にしたいのか、時には自国のために代償を払う覚悟ができるのか。国民一人ひとりがこうした責任を自覚し、それを背景に行われるのが外交であると考えます。

今日、国際社会は地殻変動ともいうべき大きな変化に直面しています。その変化は、経済のみならず、外交や軍事の面にも及んでいます。こうした状況の中、世界平和という理想を求めつつ、「現実主義」を基調とした外交を推進すべきだと考えます。

【関連記事】
菅首相の所信表明詳報(1)〜
菅首相のスーツ袖にタグ あわただしく新調か
「大バカ」火消しに躍起 首相が官僚ヨイショ
菅首相、亀井氏辞任表明の際「ぐっすり寝ていた」 
家族会からの要請文に菅首相「はい。はい」

蓮舫氏入閣に台湾メディアも関心 出版社には思わぬ“特需”(産経新聞)
<口蹄疫>ワクチンごめんね 現実をブログで  横峯さくらさんから激励も(毎日新聞)
九州北・南部が梅雨入り、平年より1〜2週遅く(読売新聞)
マンモ検診の無料クーポン券を発行−対がん協会(医療介護CBニュース)
はやぶさ カプセル着地を確認…ヘリ捜索隊(毎日新聞)
[PR]
# by ta4qikl4xh | 2010-06-16 14:06
 6日午後6時30分頃、大津市大江の回転すし店「スシロー瀬田店」で、同市瀬田、トラック運転手山本裕昭容疑者(59)運転のワゴン車が、出入り口近くのガラスを破って店内に突っ込み、席が空くのを待っていた客13人が手や足を切るなどし、病院に運ばれた。

 大津署は、山本容疑者を自動車運転過失傷害容疑で現行犯逮捕した。ワゴン車は、駐車スペースの車止めを越えて店内に突入しており、同署は、山本容疑者がブレーキとアクセルを踏み間違えたとみて調べている。

 現場はJR瀬田駅西約1キロの国道1号沿いで、店内は当時、家族連れらで満員だった。

【from Editor】黄砂アレルギー(産経新聞)
iPad発売 ビジネスマンも購入…日本の新聞も読める(産経新聞)
<雑記帳>フットサル大会に大使館員チームら 南アW杯記念(毎日新聞)
歩道橋事故 元明石署幹部らの実刑確定へ 最高裁上告棄却 (産経新聞)
小沢氏が引導電話「政権もたぬ」…検証1(読売新聞)
[PR]
# by ta4qikl4xh | 2010-06-07 14:54
 神奈川県警薬物銃器対策課と鶴見署は、覚せい剤取締法違反(所持、譲受)の疑いで、川崎信用金庫秘書室長、北山四郎容疑者(55)=横浜市港北区=ら男6人を逮捕するとともに、覚醒(かくせい)剤約22グラム(末端価格約200万円)などを押収した。県警によると、いずれも容疑を認めている。

 ほかに逮捕されたのは、コニカミノルタ社員、矢田丈二(50)=東京都板橋区=や群馬銀行行員、市川芳樹(45)=高崎市=ら5容疑者。

 県警の調べによると、6人は今年3〜4月、東京都荒川区荒川の無職、乙部貴昭被告(41)=同法違反罪で起訴=から、覚醒剤それぞれ約1グラムを現金約5〜6万円で購入し、都内の路上や乙部被告の家で所持した疑いが持たれている。

 県警によると、北山容疑者らは「好奇心で手を出してしまった」などと供述しているという。

【関連記事】
人生をしゃぶられた夫婦 裁判官「二度と来るな」
覚醒剤密輸「中国で断った…助けてください」
手の震えで密輸発覚…覚せい剤飲み込んだ男逮捕
覚醒剤所持の京大生に有罪判決 大阪地裁
せんべいに密売人の連絡先「JAYWALK」中村被告に懲役2年求刑

<東日本入管センター>ハンスト参加者ゼロに 待遇改善訴え(毎日新聞)
社会医療法人、5法人の認定が新たに判明(医療介護CBニュース)
民家全焼67歳?死亡 兵庫・姫路(産経新聞)
副業の収入、いくら?(Business Media 誠)
<口蹄疫>大エース感染疑い 畜産関係者に大きな衝撃(毎日新聞)
[PR]
# by ta4qikl4xh | 2010-05-28 15:09
 政府の行政刷新会議(議長=鳩山由紀夫首相)は5月18日、事業仕分け第2弾の後半戦の対象となる70の政府系公益法人(82事業)を決定した。医療関連では、航空医学研究センター、労災保険情報センター、中央労働災害防止協会の3法人が選ばれた。後半戦は20、21、24、25日の計4日間、東京都品川区のTOCビルで行われる。

 3法人の医療関連の仕分け対象事業は、パイロットの健康状態をチェックする航空身体検査事業(航空医学研究センター)、労災診療費審査体制等充実強化対策事業(労災保険情報センター)、労働者の健康づくり対策支援業務(中央労働災害防止協会)の3つ。枝野幸男行政刷新担当相は18日の記者会見で、「(政府系公益法人を)民間の法人と政府の業務を代行する法人とに整理したい」と述べ、事業の委託や補助金など、国と法人の関係見直しに意欲を示した。

■独法の事業見直し案を了承

 47の独立行政法人(独法)の事業を対象に行った前半の事業仕分けの評価結果を踏まえ、この日の刷新会議では、各府省が横断的に対応する事業の見直し案を了承した。前半戦の対象とならなかった57法人を含む全独法の事業を徹底的に見直し、不要資産の国庫への返納や法人の事務所の整理、管理・運営の適正化などを進め、今年度予算の今後の執行や来年度予算の概算要求に反映させるよう各府省に求める。


【関連記事】
規制・制度改革の検討、「厚労省が頑張っている」―枝野担当相
「埋蔵金レベルが出た」―前半の仕分けで枝野担当相
医薬基盤研、研究事業は「削減」、ベンチャー支援は「廃止」
PMDA、事業拡充も「厚労省からの出向減を」―事業仕分け第2弾
福祉医療機構の「福祉貸付」「医療貸付」は現状維持−事業仕分け第2弾

不同意堕胎で医師逮捕へ 交際相手に投薬疑い 警視庁(産経新聞)
水道事業海外展開 都、国と協力で一致 3大メジャーに対抗へ(産経新聞)
<事業仕分け>新人議員が「調査員」(毎日新聞)
重体の女子生徒が死亡=中学校校舎から転落―警視庁(時事通信)
<津波ハザードマップ>沿岸自治体の半数、未策定(毎日新聞)
[PR]
# by ta4qikl4xh | 2010-05-20 00:57
 プロ野球の阪神、大毎(現ロッテ)で活躍した田宮謙次郎(たみや・けんじろう)さんが5日、脳内出血のため死去した。82歳だった。葬儀は10日午後1時、茨城県筑西市下川島655の1のきぬ聖苑。喪主は長男孝志(たかし)さん。

 茨城県下館市(現筑西市)出身。下館商高(現下館一高)、日大を経て1949年、投手として阪神に入団し、1年目で11勝を挙げた。翌50年、国鉄(現ヤクルト)戦で九回2死までパーフェクトに抑えながら、その後安打を打たれ、日本初の完全試合をあと1人で逃した。その後、肩を痛めて52年、外野手に転向。58年に首位打者を獲得した。

 同年オフ、大毎に移籍し、山内一弘外野手、榎本喜八内野手らとともに「ミサイル打線」を形成。60年のリーグ優勝に貢献した。63年に現役引退。実働15年で、1488試合に出場し、1427安打、打率2割9分7厘。引退後は東映、日拓(ともに現日本ハム)の監督を務め、88年は阪神ヘッドコーチに。その後、阪神のOB会長も務める一方、郷里で下館市議も務めた。2002年に野球殿堂入りしている。

囲碁 本因坊決定戦第1局 11日から北海道小樽市で(毎日新聞)
<ミヤコドリ>博多湾で旅支度 愛鳥週間スタート(毎日新聞)
鳩山首相「ルーピーTシャツ」 こちらはバカ売れ、人気衰え知らず(J-CASTニュース)
対米関係「大局的に協力できる」 志位・共産委員長が本紙と単独会見(産経新聞)
レーシック手術眼科破産 料金表示めぐり公取警告 負債68億円(産経新聞)
[PR]
# by ta4qikl4xh | 2010-05-12 16:53